高効率空調システム

地下水熱循環式冷暖房システム

年間を通じて温度変化の少ない「地下水熱」を活用

地下水熱循環式冷暖房システム

地下水熱の温度は、空気とは違って年間を通して大きな変化がなく、地球環境保全の立場から「未利用エネルギー」としての活用が着目されています。夏期は外の空気より低い温度の熱源を地下水より取り出し冷房に使用します。また、冬季は外の空気より暖かい温度の熱源を地下水より取り出し暖房に使用します。 地熱発電とは異なり、電気があれば都心でも山間部でも設置できるので、事業所や家庭の冷暖房、寒冷地の融雪用熱源等に活用可能です。

地下水熱循環式冷暖房システムの3つのポイント

  • Point1

    大地や地下水が持つ蓄熱効果を冷利用するため、従来空調方式と比較し、省エネ運転が実現可能です。

    Point1

  • Point2

    冷暖房時の排熱を、屋外ではなく地下水に放出するため、ヒートアイランド現象の低減に効果があります。

    Point2

  • Point3

    地下水揚水規制地域での導入実績もあるため、幅広い導入提案に対応可能です。

    Point3

地下水循環式冷暖房システムのイメージ

▲ このページのトップへ

事業案内・製品情報

  • 朝日式差圧バナナ加工システム
  • 冷凍・低温・定温設備
  • 湿式調湿空調
  • CA貯蔵設備
  • 高効率空調システム
Copyright© ASAHI NETSUGAKU Co.,Ltd. All Rights Reserved